塾講師の退職理由には本当にいろいろな理由があります。
それは雇用形態やその講師の年齢などで大きく代わり、若年者では共通した退職理由があるのが実情です。
まず若年者の場合は大学卒業を期に退職するという人が多いです。
在学中にアルバイトとして講師を続けていたのですが、一般企業に就職が決まったことで退職となることがあります。
また教員採用試験に合格するために就職浪人した人、が晴れてその試験に合格した場合にもやはり同じように退職します。
次に正社員や勤続年数がそれなりにある塾講師の例としては、他の塾から引き抜きがあったため退職するということも良くあり、所謂ヘッドハンティングでの退職があるのもこの業界の特徴です。
新卒から長い間塾講師を続けて突然やめるというケースでは、他の業種を経験してみたいという理由で退職するこもあり、その退職理由というのは千差万別です。
塾講師の場合本当になりたくてなった人も多いのですが、腰掛け程度に非常勤で働く方も少人数ながらいるので、その人たちが退職するときには明確な退職理由を伝えてからやめることが多くなっています。
やめる時には必ずしも退職理由が必要ではないのですがほとんどの塾講師が退職願にその理由をはっきり書きます。