結論から言うと塾講師には教員の資格等は一切必要ないのです。
誰でもなることができます。
それゆえ、現在どのような仕事をしている人でも塾講師になることができます。
教員という職業になるためには教育大学で勉強して実習等々といったことを経験する必要があります。
そして学校の教員の場合には授業以外に学校でのイベントに携わったりする必要があります。
このように教員はいろいろと制約があるものの、塾講師であれば指導することだけに専念することできます。
しかも資格が必要ないので比較的自由な指導をすることができます。
しかし塾講師は教員のように安定して働くことができないことは心得ておくことが必要です。
世間でもよく言われるような人気講師になることが長く働くことができるポイントになります。
生徒がわかりやすい指導ができるように同じことを教えるにしてもいろいろな角度から指導ができるような引き出しを多く持っておくことが必要で、そのための勉強や準備が必要になります。
しかも生徒から支持される人気講師になればいろいろな塾からも声がかかったり、給料が上がったりすることもあります。
資格がない人でも指導することが楽しいと思える人には将来性がある仕事です。